ヒカルの年収5億円は嘘なの?金持ちだけど仕事は何してる?

今Youtube界でいい意味でも悪い意味でも影響力のあるYoutuberヒカル

お金をたくさん使った動画や、テキ屋の闇を暴く動画で瞬く間にトップYoutuberとなり、昨年のvalu騒動で大炎上…笑

最近ではお金を使わない動画などモデルチェンジを図り「ほんとはお金ないんじゃないの?」「例の騒動でお金が尽きたんじゃない?」といった声もよく聞きますが、はたしてヒカルの今の年収はいくらなのか!?

Sponsored Links

ヒカルのプロフィール

 

  • 本名:前田圭太年齢:26
  • 生年月日:1991年5月29日
  • 出身地:兵庫県姫路市
  • メインチャンネル開設:2016年3月18日
  • チャンネル登録者数:245万人(2018年4月現在)
  • 所属事務所:Vaz

ヒカルの本名は前田圭太(まえだけいた)!

意外と普通の名前ですねwwヒカルという名前の由来をツイキャスで視聴者に聞かれた際、「なんとなく」と言ったそうな…

少なからず大物Youtuberのヒカキンを意識してるのかと思ったけど、違うのかね。。

そして、年齢は26歳!見た目以上に歳いってます!ツートンカラーのヘアスタイルや、ゲーセン・カードゲームなどを楽しんでいる姿を見ると20歳そこそこにしか見えません。笑

遊楽舎、アイビスなどメインチャンネルにも多く登場する店でお馴染みの姫路出身!ヒカルの周りの人もみんなコテコテの関西弁ですね!!

チャンネル登録者数は現在もうすぐ250万人と、相変わらずトップYoutuberとして名を馳せてますが、例のバリュー炎上騒動で相当登録者数を減らしてしまいましたね。。

今後大台の300万人を突破することはあるのか!?また炎上しないことを願います←

ヒカルの年収5億は嘘なの?

Sponsored Links

さて、ヒカルのチャンネルを見る方はご存じだと思いますが、彼は超金持ちです!

以前年収5億の勢いだと公言していましたが、果たしてそれは本当なのか!?

これは、イケイケ絶頂期だった2016年~2017年にかけての発言!月間登録者数1位などを経て、実際Youtubeだけで相当な金額を稼いでいたヒカル。

その分プレゼント企画や競馬に1,000万円賭けてみた動画など、動画内のお金の使い方も超ド派手でした!

投資した分のお金も動画の収益でペイできるとまで発言しているので、この頃は推定月収1000万円以上あったことは間違いないです!

この動画でも月収を暴露してるのですが、はんぱじゃないですよ。笑

現在、あの頃の勢いは影を潜めてはいますが、それでも炎上から立ち直り、2ndチャンネルも順調に登録・再生数を伸ばしているヒカル。あの騒動さえなければ今頃は…なんて想像してしまいますね。笑

金持ちだけど仕事は何してる?

Sponsored Links

Youtuberになる前は、金髪企業家ヒカルとして様々なコンサルに手を出す情報商材屋だったヒカル氏。

ネットビジネスを始めて8カ月で月収1200万円を達成し、20歳の若さでネットビジネス界の異端児として君臨していました!現在はYoutuberとしてのイメージしかないですが、彼は7・8年前から会社を経営しています!

つまりリアルしゃちょー!!

業務内容は不明ですが、名人などのおなじみスタッフ陣はこの会社の社員名義で雇っているそうです。

そして、ヒカルが今の生活の基盤としているのはYouTube!

メインチャンネルや、まえす・名人などのグループで構成するサブチャンネルの再生数による広告収入が主。

ヒカルの投稿動画は再生時間が長いものが多く、他のYoutuberと比べても広告単価が高いらしい!?

最近は再生数も伸び悩み、「金を使わない動画は見たくない」など視聴者からも意見がありますが、動画の再生時間を長くすることによって収入の安定化を図っているのかな??

通常のYoutuberと比べてヒカルの広告単価は倍以上高いらしいです!

もちろん、長くてクオリティの高いテレビのような動画を提供しているので、反響も高い=お金になるのは間違いない。

動画の編集をしている名人の大変さがわかりますね。。(※ヒカルは今までYoutubeの編集作業を一度も自分でしたことがないらしいw)

また、炎上以前にはいわゆる「企業案件」の動画も多く、こちらの動画の収益は全体の約4割だったそう!いろんな企業さんがYoutuberに広告宣伝をお願いする時代…すごいですね。

※その分、影響力のあるヒカルがレビューしたアプリや商品はかなり売れていたようですが。

また、ヒカルは所属事務所「VAZ」の執行役員もしていたので役員報酬も貰っていたはずですが、例の炎上騒動で…2017年9月に辞任したようです。笑

まとめ

このように、ヒカルは年収5億ほんとに稼いでいるのか!?ということに関しては100%とは言えませんが、億単位で稼いでいるのは間違いないようです。

炎上以前はそのくらいの数字だったことでしょう。

現在は、Youtube単体の収益はピーク時の半分とも想定されていますが、それでもトップYoutuberとして、名前が売れているのは間違いない!

盟友ラファエルとのファンクラブの名称が「諭吉党」だったり、以前のお金を大量に使う「プレゼント企画」などのイメージが強いが故に、“金持ちYoutuber”のレッテルを貼られているヒカル。

普通の視聴者が絶対にできないようなお金を使う動画で成り上がってきたのは事実なので、今後もよりYoutube界を盛り上げて、3年以内にヒカキンを抜いて日本のトップにたつという目標を叶えてほしいですね!(炎上しない程度に…w)

それでは今回の記事は以上になります。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です