【東海オンエア】虫眼鏡の本名は?教員の噂についても調査

メインチャンネルの登録者数が400万人を超える東海オンエアのメンバーの虫眼鏡さん!

最近では個人チャンネルである虫眼鏡の放送部を設立し、個人での活動もしています。

メンバーの個性の強さや企画力の高さから、若者を中心に大人気の東海オンエアのメンバーの虫眼鏡さん。

東海オンエアの中では一番頭がよく、企画の司会進行をよくされています。

そのトーク力から個人チャンネルの虫眼鏡の放送部でも、ラジオ形式で視聴者からのお便りに答えています。

虫眼鏡さんの丁寧な話口調や言葉選びから、度々YouTubeの急上昇にもラジオ動画がランクインしています。

話すのが苦手、、、という人は虫眼鏡さんの動画を参考にすると、トーク力が身につくかもしれませんよ?(笑)

また虫眼鏡さんは頭がいいだけでなく、ほかのメンバーと一緒になってハチャメチャな面白いこともされます。

そんなイメージとは違うギャップがあることも、虫眼鏡さんの魅力ではないでしょうか。

そんな魅力ある虫眼鏡さんは彼女がいることを公言しており、とても仲が良いことが動画の話からも伝わります。

東海オンエア虫眼鏡に彼女はいる?白血病の病気は本当?

2019.05.19

メンバー思いで彼女思いな虫眼鏡さん。

そんな人物像にひかれてファンになった方も少なくないのではありませんか?

今回はそんな虫眼鏡さんについて調べてみました!

Sponsored Links

東海オンエア虫眼鏡の本名を調査

そんな虫眼鏡さんですが、みなさんは本名をご存知ですか?

本人は本名を公開しておらず、動画でも本名の部分にモザイクがかかっていました。

虫眼鏡さんに限らず本名を公開していないYouTuberは多いですよね、ヒカキンさんとかも公開は基本的にしていません。

しかし虫眼鏡さんが入院をした時の動画で「金澤太紀」という文字が映ってしまい、それに気づいた視聴者に本名がばれてしまいました。

さすが視聴者は動画の細かいところまでよーーーく見ていますね。笑

読み方は「かなざわたいき」だそうです。

虫眼鏡さんは東海オンエアに出始めたころ、メンバーから「ざわくん」という愛称で呼ばれていました。

当初はなぜざわくんなのかがわかりませんでしたが、この愛称は本名の苗字の「金澤」から来ていたのですね!

しかしほかのメンバーはほぼ本名の愛称で活動しているのに、なぜ虫眼鏡さんは「ざわくん」ではないのでしょうか?

実は虫眼鏡さんは就職をしたことがあり、もともと顔を出さずにYouTubeで活動していることを隠すようにしていました。

もちろん本名を使うこともできなかったため「虫眼鏡」として現在まで活動をしています。

この「虫眼鏡」という名前ですが、名付け親はなんとあの超人気YouTuberのワタナベマホトさんとはじめしゃちょーさんなのです!

このことは動画内で虫眼鏡さん本人が話されています。

名前の由来は虫眼鏡さんが眼鏡をかけていることと、身長が小さいことからつけられました。

本人はこの名前を最初はあまり気にいってなかったようです。

身長が小さいことを気にされているようですし、小さいから虫というのは確かにいやかもしれませんね。

でも、YouTuberのなかでもかなり人気のある二人に名前を付けてもらえるなんて羨ましくないですか?

またある動画の罰ゲームで、虫眼鏡さんは1か月間「負け犬」に改名させられたことがあります。

これはメンバーのしばゆーとの20キロハーフマラソンで負けて、しばゆーにつけられた名前です。

1か月間だけだったとはいえ、名前が負け犬というのはとても面白かったですね。(笑)

Sponsored Links

東海オンエアの虫眼鏡の教員の噂について

先ほども言ったように、虫眼鏡さんは他の仕事をしているときに顔出しをしていませんでした。

どうやらその期間に教員として働いていたようです。

虫眼鏡さんの大学が本人の出版した本から、愛知教育大学教育学部出身であることがわかっています。

大学の時から教員になることは決めていたようですね。

また専攻は理科で、小学校の教員をされていたようです。

今現在は教員をやめ、東海オンエアとして、個人の虫眼鏡の放送部として活動をされています。

虫眼鏡さんは教員をしていたため、東海オンエアのメンバーになったのは途中からになります。

リーダーのてつやさんとはバイトの先輩後輩という関係だったらしく、そのつながりから東海オンエアのメンバーに途中加入しました。

他のメンバーとのかかわりもあったらしく、としみつさんとは小学校の野球部の先輩後輩だったそうです。

他のメンバーより歳が一つ上ということで、余計に虫眼鏡さんがしっかりしているように思えるのかもしれませんね。

また教員をしていたことが、今の虫眼鏡さんの丁寧な話口調や、言葉選びにつながっているのかもしれませんね。

教員というある意味お堅い職業から、YouTuberになるということにはかなりの覚悟があったと思います。

今の虫眼鏡さんの活躍を見ていると、その選択は本当に正しかったと思いませんか?

東海オンエアというグループにおいて、虫眼鏡さんのようにメンバーをまとめられるしっかりとした人は必要不可欠だと思います。

個人での活動もされていますが、個人的にはグループの活動を一番に頑張っていただきたいです!

Sponsored Links

まとめ

東海オンエアの虫眼鏡さんについて調べてきましたが、本当にすごい方だということがわかりました。

東海オンエアの動画の編集も多く行っていることからも、虫眼鏡さんの多才さが伝わりますね。

自頭の良い虫眼鏡さんなので、これからももっと人気が広まっていくと思います。

個人チャンネルの登録者が100万人を超える日も近いかもしれませんよ!?

私は一人のファンとして、これからの虫眼鏡さんの活動を応援していきたいと思います!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です